2018年 6月 の投稿一覧

若手女性声優さん、写真集発売ラッシュの売り上げ格差がコチラwwwwwwwwwww

5/25 小倉唯 推定売上部数:2,863部
5/30 鈴木愛奈 推定売上部数:4,517部
5/31 山崎エリイ 推定売上部数:圏外数字無し=大爆死
6/08 堀江由衣 推定売上部数:1,369部
6/22 竹達彩奈 推定売上部数:圏外数字無し=大爆死
6/27 Trysail
6/29 上田麗奈
7/19 尾崎由香
7/19 逢田梨香子
7/30 高野麻里佳
8/16 斉藤朱夏

続きを読む

期待外れのiPhoneX、もはやお荷物状態・・・


20日のダウ工業株30種平均は前日比201ドル安で取引を終えた。相次ぐ好決算で強気に傾きつつあった投資家心理を冷やしたのがアップル株の失速だ。
台湾の半導体大手、台湾積体電路製造(TSMC)の決算を受け、最新スマートフォン「iPhoneX(テン)」の販売が低迷しているとの観測が広がった。
20日のアップル株は4%安の165ドルで終え、昨年末終値(169ドル)を下回った。前日にも3%下げており、2日…
やはり期待外れの「iPhoneX」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2968578021042018000000/
続きを読む

【朗報】ゲオ、49V型格安4Kテレビの販売を新たに95店舗で2000台を追加wwwwww

ゲオは、49V型4K対応液晶テレビの取扱店舗として新たにゲオショップ95店舗を追加し、全国200店舗で販売を開始した。追加台数は2000台となる。
ゲオショップで販売している49V型格安4K液晶テレビ

ゲオショップで取り扱っている49V型4Kテレビはグリーハウス製で、税別の販売価格が4万9800円。12月に始まる「新4K8K衛星放送」に向けて
4Kテレビの需要が増大すると見込み、取扱店舗を増やしたことになる。なお、アズマ製「EAST 43V型4K対応液晶テレビ」の販売価格(税別)を、
4万3800円から3万9800円に変更と、値下げも実施している。
https://www.bcnretail.com/market/detail/20180629_65749.html
続きを読む

「必要ない」「二度とやりたくない」→日本最大のブラック組織、PTAの実態がこちら・・・


Twitterで「PTA」と検索すると、出るわ出るわ、阿鼻叫喚のツイートがわらわら流れてくる。PTA会長に不満を抱く投稿、
学校に不信感を抱く投稿、忙しい身を削ってPTAに参加する投稿など、「PTA」と「悲壮感」がセットになっている。
メインでツイートしているのは母親のようだ。なかには肯定的な投稿も見かけるが、筆者が調べた感覚では4:1で怒りや嘆きの方が多かった。
小学校に入学する上で避けて通れないのが「PTA」だ。本来、子育てに励むパパママを応援する立場であるはずの組織が、
なぜ親を、それも母親を苦しめているのか。その実態を『PTA不要論』(黒川祥子/新潮社)より覗いてみたい。
■恐怖の役員決め
本書は、著者でノンフィクション作家である黒川祥子氏がPTAという組織の実態を解明するため、全国の母親たちに取材し、
専門家に意見を求め、さらにこのブラック組織が今の時代に必要なのかどうか、あらゆる角度から考察した1冊だ。
そのため本書には母親たちの生々しい証言が並んでいる。たとえば「恐怖の役員決め」だ。共働きやシングルマザーが激増する今の時代、
PTAに従事できる人材を確保するのは難しい。その結果、東京23区に住む萩野早希さん(仮名)は、以下のような体験をした。
フルタイムで働く早希さんは、18時までの学童クラブと自身の仕事をどう両立するか、世間で言う「小一の壁」に悩んでいた。
その不安を解消するために初めて参加した保護者会だったが、そこで驚愕の光景を目にする。
保護者会が始まって30分ほど経った頃、担任の先生による小学校生活の過ごし方の説明を遮って、PTA本部役員が教室に乗り込んできた。
担任は自身の話を終わらせてあっという間に教壇を彼女たちに譲った。その教壇に立ったのは、明らかに年上のベテランママ3人。妙な貫録を漂わせ、役員の1人がこう宣言した。
「これからこのクラスのPTA役員決めを行います。クラス委員長を含めて4人です。役員が決まるまで全員帰れません。いいですね」
気がつけば、残る2人のベテラン役員が教室の出入り口で仁王立ちしている。保護者会で小学校生活について聞くはずだった親たちは、突如「役員決め」のために軟禁されたのだった。
https://ddnavi.com/review/468806/a/
続きを読む

【悲報】英紙「茶番で進出を決めた日本は16チームで最弱ww超余裕でベルギー通過www」

W杯ベスト16対戦予想 英紙が日本不利を指摘「余裕のベルギー通過」「16強最弱」
日本代表は7月2日にロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で
ベルギー代表と対戦することが決まった。イングランドを抑えてG組首位を果たし
たFIFAランキング3位の強豪だが、英メディアではベスト16の予想企画を実施。
「16強最弱」「余裕のベルギー通過」と日本不利を唱えている。
「ワールドカップ16強のガイド:準々決勝に進むのはどこだ。そして、マッチ
アップのキープレーヤーは?」と特集したのは、英紙「デイリー・メール」だった。
ロストフ・アレーナで行われるナイターゲーム(現地時間21時キックオフ)に
挑む日本代表については、「茶番のような形でノックアウトステージ進出を決めた。
フェアプレーで上回ることを知っていた彼らはポーランドに勝たせることを決めた」
と、グループリーグ最終戦での終盤の無気力なディフェスラインでのパス回しを酷評。
さらに、2-1で勝利したコロンビア戦についても、「85分間10人の相手と戦った。
おそらく残されたチームで最弱」と厳しい目を向けている。(略)
https://www.football-zone.net/archives/117038

続きを読む