2018年 2月 の投稿一覧

【悲報】買い取り「バイク王」、2期連続赤字!!その深刻な理由・・・

「バイク売るならゴー、バイク王〜♪」
軽快なリズムに乗った明るいメロディ、そして「バイク王」という店名がリフレインされるテレビCMを覚えている読者も多いだろう。2輪車買い取り最大手、バイク王&カンパニーが大量に流しているテレビCMだ。ただ、高い知名度とは裏腹に、同社の業績が急激に悪化している。
バイク王が1月10日に公表した2017年11月期決算は、売上高が182億円(前期比7.4%増)、営業赤字は2.6億円(前期は5億円の赤字)。競争激化で2輪車の買い取り台数が低迷したことが響いた。駐車場事業譲渡で最終黒字を確保したとはいえ、上場以来初となる2期連続の営業赤字だ。
■買い取りモデルだけでは勝てない?
(省略)
価格比較サイトにアクセスすると、ユーザーに「バイク王より高く買い取ります」というメッセージが届くことで、バイク王の買い取り台数の減少を招いている。
もう1つは広告の届き方にある。ネットの場合はある程度、広告を届けるユーザーを選べるが、テレビの場合はユーザーの属性にかかわらず広告が伝わってしまう。その結果、バイク王に来る買い取り依頼は、50CCなど圧倒的に流通台数が多い低排気量車になってしまう。
低排気量車の買い取りのデメリットは、低価格ゆえに利幅が薄いということだけではない。長く放置されていたことで、動かなくなった不動車などは、買い取り価格がゼロまたは少額なため、廃車費用を払えばユーザーが損をするような状況も生じてしまう。
同社にとっても時間ばかり費やし、利益にならず、クレームの可能性も高い不動車の増加は現場に混乱をもたらす。事実、こうした状況が価格比較サイトの台頭とともに営業赤字の大きな要因となった。
※以下全文はソース先で
2/28(水) 6:00
東洋経済オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180228-00210379-toyo-bus_all&p=1

続きを読む

【画像】羽生結弦、米アイスダンス代表マディソン・チョックと衝撃の変顔ショットを披露wwwwww


平昌オリンピックに出場したアイスダンスのアメリカ代表マディソン・チョックが26日、男子フィギュアスケートの羽生結弦と変顔を披露する写真を自身のインスタグラムに投稿した。ファンからは「せっかくの綺麗な顔がーー!」などの声が挙がっている。
マディソンは「オリンピックが終わったら帰らなきゃ」という言葉を添えて、目を見開き舌を出すインパクト大な変顔を披露。一方の羽生は、爽やかなイメージにそぐわない白目顔を見せた。
写真を見たファンからは、「せっかくの綺麗な顔がーー!」「変顔でも可愛い」「オリンピックが終わって悲しい」「怖〜い(笑)」「オリンピック全体で最高の写真だね」「2人ともすごくかわいい」などのコメントが寄せられている。
羽生は、平昌オリンピックのフィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得。2014年に開催されたソチオリンピックに続いて2大会連続金メダルに輝き、66年ぶりの同種目オリンピック連覇を成し遂げた。
2/28(水) 6:50
クランクイン!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00054478-crankinn-ent
続きを読む

【悲報】コロコロコミック、モンゴル人の抗議により販売中止に!!

大手書店チェーン3社、「月刊コロコロコミック」3月号の販売を中止
紀伊國屋書店と未来屋書店は2月25日、くまざわ書店は同27日、「月刊コロコロコミック」3月号(小学館)の販売を中止した。
紀伊國屋書店と未来屋書店は小学館が同23日、ホームページでモンゴル大使館に、同号の漫画「やりすぎ!!!イタズラくん」
のなかで掲載されている、チンギス・ハーンの肖像画に下品な落書きが描かれたことによる謝罪を発表したことを受けての対応。
くまざわ書店は同26日、モンゴル人の来店客から「雑誌を販売しないでほしい」と直接抗議があったことから、
書店員の安全も考え、販売中止を決定した。コミックの回収について小学館では、現在協議中だという。
https://www.shinbunka.co.jp/news2018/02/180227-04.htm

続きを読む

【画像】ビアンキとフェラーリのコラボロードバイクが登場wwwwww

ビアンキとフェラーリのコラボバイク「スクーデリア・フェラーリ01」 国内初公開
イタリアの自転車ブランド「BIANCHI」(ビアンキ)が1月16日、東京都内で会見を開き、
同じくイタリアの高級自動車メーカー「フェラーリ」とコラボレーションしたロードバイク「BIANCHI FOR SCUDERIA FERRARI(スクーデリア・フェラーリ)01」(以下、SF01)を発表した。
ビアンキの超軽量バイクのトップレンジ「スペシャリッシマ」が、フェラーリカラーの赤を纏ったスペシャルエディション。
同モデルを皮切りに、第2弾のトライアスロンバイクの開発も2019年の発表に向けて進行中だという。







■BIANCHI FOR SCUDERIA FERRARI 01(完成車)
フレーム重量:780g(サイズ55)
サイズ:47、50、53、55、57、59、61
カラー:ROSSSO CORSA(レッド)、NERO SETOSO(ブラック)
税抜価格:シマノDURAACE Di2モデル2000,000円、
カンパニョーロ スーパーレコードEPSモデル 2200,000円
https://cyclist.sanspo.com/379553
続きを読む