あだち充「タッチ」のタイトルの由来が判明・・・!!

スポーツ漫画の不動の名作、あだち充の『タッチ』。誰もが知っている同作だが、2016年10月12日(水)発売の『月刊少年サンデー(ゲッサン)』で明かされた同作の名前の由来に
「まじかーーー! この事実は結構ショック(笑)」「まさかそんな意味があったとは…震えたわ」とファンに衝撃が走っている。
同誌では、覆面漫画家・カメントツがあだちにインタビューしているのだが、「なんで『タッチ』で上杉達也を殺したの?」というド直球な質問から始まっている。
あだちは「最初から殺すつもりだった」とこちらも直球かつ驚愕の事実をさらりと返答。
さらに「タイトルの『タッチ』は『バトンタッチ』の『タッチ』だからねぇ。」と、天地がひっくり返るような事実を明かすのだ。
あだちは、当時の担当編集者から「人気のあるキャラだから殺すな」とさんざん釘を刺されていながら、原稿を置いて行方をくらましたと当時のことを振り返っている。
これにファンからは「タイトル決める時点で決まってたのかー! 鳥肌立った」
「和也が死んで飯が喉を通らなかった俺は、あだち充の手のひらの上で踊らされてたんだな」「驚きすぎて声も出ないわ(呆然)」といった声が。
上杉和也の死については今さら言うまでもないことだが、甲子園出場予選の決勝の日に子供をかばってトラックにはねられてしまう。
その後、上杉達也が和也の代わりに朝倉南の夢を叶えるため甲子園を目指すのだが、
この選手交代が「タッチ」だったと、夢中で読んでいた当時、一体何人が気付いただろう。
爆笑問題のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』では、『週刊少年サンデー』の現編集長・市原武法が当時のことを語っている。
和也の死にそうな雰囲気を嗅ぎ取った当時の編集長に「死んだら載せない」と言われた担当編集者が、
死ぬことを知っていながら「死ぬわけない」とウソをついたと明かしている。
ショックを受けたファンは多いようだが、和也が死ぬのはコミックスで言えば26巻中の7巻目。
ここから話は盛り上がっていくため、あだちの描いたとおり見事にバトンタッチできたのかもしれない。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161022-00012548-davinci-ent


バトンタッチ
それ以外になんの意図があんの?


たっちゃん


歌の歌詞と違うじゃん


作詞あだち充じゃないからなその曲


合ってるやん
あなたからタッチ手を伸ばして受け取ってよ(=バトンタッチ)


ファミ通の投稿であったな
タッチということばの意味を今でも考えているみたいなの


ファミ通なついな


なぜか達也死ぬことになってて草


ファンならとうの昔に把握してただろ


タッチタッチここにタッチ あなた(和也)からタッチ


ラフの意味は


作中に出てたやろ
ラフスケッチがどうたら


青春はさながらラフ絵のようなもの
フィジカルエリートで半分完成しとるアスリートの比喩にピッタリ


達也殺されてるやんけ


呼吸を止めて(逝去)


ただいまだに「星屑ロンリネス」の意味がわからん


和也が星屑になってしまって私はロンリネス


滅茶苦茶寂しいって意味やろ星屑ロンリネスは


ため息の数だけ束ねたブーケがバトンなんやな
受け取りたくないね


南の「だゾ」って語尾は今は可愛くない


なんか痛いなちょっと確かに


H2とかラフは最後まてま読んだのにタッチって実は通して読んだ事ないんよな
古臭いからかななんか受け付けん


タッチタッチバトンタッチ!あーのーひーかーらー


強キャラ感だけ出してたキャプテンほんとすこ


アニメ全部見たなぁ、漫画はコンビニの立ち読みしとる


呼吸を止めて━━━━ー


アニメのOPはまた違う意味だろうな
あれ明らかに恋愛ソングだし


連載中読んでたわけじゃ無かったけど、和也死んで達也が野球始めるところがタッチなんだって分かったやろ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。